美歯口に使われている成分は?無添加なの?

芸能人が愛用していることで話題のホワイトニング歯磨き粉、「美歯口(びはく)」ですが、その成分にはどのようなものが使われているのでしょうか。

また、安心して使える成分なのでしょうか。詳しくご紹介していきます。

美歯口はどのような成分が使われている?

実際に「美歯口」に配合されている成分についてみていきましょう。

【注目すべき成分】

 ・ヒドロキシアパタイト(ホタテ貝殻由来)

ヒドロキシアパタイトとは私たちの歯や骨の主成分です。ホタテ貝殻由来のヒドロキシアパタイトは人体になじみやすく、安全性が高い成分です。

「美歯口」においては清掃剤として歯の汚れを落とし除菌をするはたらきがあります。もともと私たちの体にある成分は安心して使うことができますね。

・ポリリン酸ナトリウム

DNAを構成するリン酸の一種です。食品添加物の一つとして変色防止に使用されることもあります。「美歯口」では、着色物を除去するはたらきとして配合されています。

ポリリン酸ナトリウムは、美容歯科でのホワイトニングにも採用されるほど、確かな成分です。

【その他の成分(一部)】

 ハッカ油、スペアミント油

香味剤として使われている油です。天然由来の精油なので、安全性の高い成分です。

炭酸Ca

炭酸カルシウムのこと。清掃剤と記載されていますが、これは研磨剤の役割を果たします。歯の表面を傷つけずに歯垢や着色汚れを落とします。

・ラウロイルグルタミン酸ナトリウム

アミノ酸系の洗浄剤です。たんぱく質の一種であるアミノ酸を使用した洗浄剤なので、身体への負担は少ないですが、全くトラブルを起こさないわけではないので注意が必要です。

「美歯口に使用されている成分は基本的に安心して使える成分ばかりです。しかしすべての人に問題なく使えるとは限りませんので、心配な場合は全分表示を確認しましょう。

美歯口は無添加なの?

無添加とは、体に害となる成分を含まないことを指します。一般的に「無添加」と商品などに記載がある場合、何が無添加なのかも併せて記載されます「防腐剤無添加」「着色料無添加」「合成界面活性剤無添加」などです。

ここで気を付けなければならないのが、ただ「無添加」と書いてあるからといって、すべての添加物が入っていないわけではありません。

ある特定の成分が無添加なのであって、そのほかの添加物は入っている可能性があります。無添加の表示がない場合は全成分表示を確認する必要があります。

なので、「美歯口」が無添加かどうかという質問に対しては、「すべての添加物が無添加なわけではない」ということになります。

炭酸Caとアミノ酸系洗浄成分で歯を効果的に白く!

「美歯口」を使用したホワイトニングは、毎日の歯磨き粉を「美歯口」に変えるだけなので、余計な手間もありません。体に負担のない炭酸Caで歯を傷つけず研磨し、着色汚れを除去できます。

美容歯科で行うホワイトニングや、マウスピースを使用するホームホワイトニングでも、総額で2万円~5万円程度かかるのが平均ですが、「美歯口」は1本数千円で購入できるので、経済的にもうれしいですね。

ホタテ由来のヒドロキシアパタイトで早期の効果実感が可能

「美歯口」の人気の秘密は、効果実感までの期間が早いこと。インターネットの口コミでは、使い始めて2週間程度で変化を感じ、1か月もたつと周囲からも違いを指摘されるほどだそう。

実際に私も使用し始めて、2週間くらい使用した頃、鏡で歯の白さを確認して違いに驚きました。歯にもともと含まれる成分で歯を白くするので、継続の使用も安心です。

安全性の高い成分でつくられた「美歯口」

今回は「美歯口」の成分についてご紹介しました。手軽にホワイトニングをはじめたいなら、ぜひ一度試してみてくださいね!

美歯口口コミはこちら>>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする